酸洗・化学洗浄・フラッシング・耐圧
エンジニアリングのプロフェショナル
化学洗浄

不動態化皮膜処理

ステンレス材の表面は緻密な不動態化皮膜で覆われています。そのため一般的には錆びにくい材料であるとされていますが、製缶の際の溶接の熱や酸化スケール、またはグラインダーの鉄粉や傷など、さまざまな外的要因により表面の皮膜は壊れてしまい、それが錆の原因となります。化学的な洗浄で清浄な表面にした後、さらに強固な不動態化皮膜を再形成する処理が必要となります。また、アルミ材においても同様のことが言えます。

  • 洗浄前

  • 洗浄後

  • 洗浄

  • 不働態化処理

  • ブラックライト検査